« 藤原伊織 読書週間 | トップページ | 行ってきました,利賀 2 »

2014.08.21

ちかごろ観た映画

「ぼくを探しに」幼い頃両親をなくし、それがショックで話せなくなった男。ダンス教師の伯母の教室でピアノを弾いている。同じアパートに住む、部屋で植物を育てる占い師のような女性の部屋に紛れ込み、その女性から頭の中の「母」をさがすことを教えられる。「母」と「父」が、女性のいれるハーブティを飲んで、寝ている間に、夢のようにあらわれる。レッスンのように、一週間に一度ハーブティを飲む。楽しかったこと、悲しかったこと、悲劇が夢のなかに現れる。
動物たちが楽器を演奏したり、「アメリ」のようなテイストだな〜と思って観てました。これは、フランスでしかつくれない映画だな〜と。

「ジプシーのフラメンコ」フラメンコダンサーのカリメ・アマジャが、フラメンコとルンバの伝統を融合させた舞台を創出していく過程。
うーん、フラメンンコって、タップダンスのように、あの足で刻むリズムが命なんだと、音合わせをしているシーンで思った。ダンサーの踊りに触発されてギター演奏者も、歌手も、リキが入っていく。フラメンコの舞台がみたくなります、きっと。

|

« 藤原伊織 読書週間 | トップページ | 行ってきました,利賀 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/60186085

この記事へのトラックバック一覧です: ちかごろ観た映画:

« 藤原伊織 読書週間 | トップページ | 行ってきました,利賀 2 »