« 「かさぶた式部考」稽古見学 | トップページ | かさぶた式部考 »

2014.10.11

孫崎享さんの講演

元外交官,『小説外務省―尖閣問題 の正体―』『戦後史の正体』等の著者。

米国=(軍事産業)の陰謀史観のようなお話しですけど,拝聴してきました(^^)

今まで,尖閣付近で操業する漁船を拿捕しなかったのに,急に,拿捕に方針をかえたのは,誰か?なんのためだ?

とくに気になったのが,『小説外務省―尖閣問題 の正体―』は,持ち込みではなく注文原稿であったのに,出版が断られた。反原発,尖閣問題で発言すると,TVのコメンテーターに呼ばれない。(ただし,ラジオは別)。

小林信彦さんも,週刊誌にエッセイを連載中ですけど,そのなかでラジオを聞くようにしている,と書かれているのを読んだことがある。日本人は,集団で,ヒステリー状態になる体質をもっているからと,戦前と,戦後民主主義の時代を書かれてましたし。

また,そんな時代がこないといいんですけど(ってもう来てるか?)

|

« 「かさぶた式部考」稽古見学 | トップページ | かさぶた式部考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/60465140

この記事へのトラックバック一覧です: 孫崎享さんの講演:

« 「かさぶた式部考」稽古見学 | トップページ | かさぶた式部考 »