« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015.01.19

備忘録2015・1・19

映画は「96時間/レクイエム」 アクション映画で,すかっとはしたけれど,ヒーローも,なんか,罰せられるのではないか?ビルは爆破,車,飛行機は大破,コンビニで打ち合い。これがすっきりしない(;;)

演劇は,「暗愚小伝」(青年団) 「近現代語」(地点)。暗愚小伝は,舞台は,高村光太郎,高村千恵子家,訪れるのは,永井荷風,青踏の女性詩人,近所のおばさん,千恵子の姪,姪と結婚することになる青年,インチキそうな,日系2世,3世等。
だじゃれオンパレード「もうこの話は,与謝野晶子」「意気投合(東郷)平八郎」外では,2・26事件,戦争が起こっている。内では,光太郎が戦争詩を書いている。事件は舞台の外でおこっている。元々,平田オリザの大学時代に書いた作品だとか。

「地点」では,5人の俳優がそれぞれに話していたり,歌っていたり,明治時代の憲法告文とかが読まれている,横で,ジャッズぽいのを俳優さんが口で歌っている。これびっくり,「皇(すめら)朕れ,かしこみ皇祖,皇宗・・・・」なんてのが違和感なく舞台で。うーん,明治って古い昔と思ってたのに,あれが復活することがあるかもしれない??なんて思ってしまった。
「日本国憲法」では,「天皇は?」「日本国の象徴であり日本国民の統合の。。。。」「国民は?」「すべての基本的人権の享有をさまたげられない」「天皇は?」内閣の助言と承認により
国民のために。。。。」「国会は?」「国権の最高機関であり・・・・」「国民は?」「法律にさだめるところにより。。。。」とか,ランダムに問い・答えをいう会話風に,朗読というか歌われる。これを,すごかった。

オペラ「天国と地獄」コメディタッチのオペラ。
「おお,吉高百合子!」「(滋賀出身の)TMの西川さんみたいに。。。」とか,時事ネタの笑いもはいってました(ウーーン。吉本かい?)。
地元の合唱団,こども合唱団等が出演していたせいか,中ホールでの公演のチケットが売り切れ,翌日,小ホールでも公演がありました。子供を出すと,4人の祖父母,両親,兄弟が見に来るんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.03

明けましておめでとうございますm(--)m

映画は,「バンクーバの朝日」バント攻略で,白人と対決する日本人チーム。戦前の出稼ぎ時代,差別等々。
亀梨が好演。待ち望んでいた「ジョーカー・ゲーム」柳広司作の映画にも出るようで,楽しみ。

本は,「その女アレックス」のっけから監禁事件。ネズミの餌になるところを脱出,これで終わりかと思ったら,硫酸をつかった殺人事件,これも解決とおもったら,,,,,
それと原尞「天使たちの探偵」ハードボイル小説は,センチメンタリズム(帰らない過去),リリシズム(やせ我慢)にあふれている。

柳広司の新作がでるみたいだけど,原さんはでないな〜。

では,本を持って,喫茶店へ。。。。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »