« ふじのくに⇄せかい演劇祭2015(ゴドー) | トップページ | 駆け出し男と駆込み女 »

2015.05.05

ふじのくに⇄せかい演劇祭2015

連休中、この日だけ雨(;;)まー小雨だからかんにんしたるわ(<吉本のギャグか!)

「ベイルートでゴドーを待ちながら」(公演最終日)、「小町風伝」(公演初日)が観たいとこの日しかない。

「小町風伝」は、解散した転形劇場(大杉漣、品川徹さんら所属)主宰太田省吾の作。初めて見ます。能舞台で演じられた無言劇ってんで、敬遠してたのかな(;;)。本当は、セリフのある劇で、劇団で稽古して1ケ月たったころ、太田さんらが、発表する能舞台を見学に行って、能舞台に耐える芝居、ってんで、小町のセリフを無言にして演じたという話を聞きました。
この間『龍三と七人」で早打ちマックを演じた品川徹さんらが、入場前から、近所におられ、舞台の席も近所。今回は、すこし、猥雑な仕上がりになっていて、笑ったり、私の周りのおじさん、娘さんは、泣いておられた。
品川さんは、笑われない。これが気になってしかたがない。
アフタートークがあり、客席の品川さんにマイクがわたったとき「無言劇」になったいきさつと、「小町には、ポエムがないと、なりたたない」と発言された。演出家は、「品川さんの言う通りだけど、私は、二つの点でそれができなかった。ひとつは、韓国では、生死観といい、生が先にきて、カーニバルのような生が死とくっついている」と返されていた(あとの一つは失念)。

舞台が終わってめでたし、めだたしでなく、品川さんの発言で、引き締まり、演出家さんの述べられた、韓国の生死観が聞けたことがよかった。
若い小町の上半身裸ってな場面もあったけど、そこは、清潔に仕上がってました。
舞台横で「小町風伝」を読む若い女性、医師と看護師、韓国のはやり歌、SCOTの鈴木さんの演出みたいだけど、歌はよかった(;;)

|

« ふじのくに⇄せかい演劇祭2015(ゴドー) | トップページ | 駆け出し男と駆込み女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/61541086

この記事へのトラックバック一覧です: ふじのくに⇄せかい演劇祭2015:

« ふじのくに⇄せかい演劇祭2015(ゴドー) | トップページ | 駆け出し男と駆込み女 »