« 鴻上尚史さんのワークショップ | トップページ | OSK春の踊り6/7 »

2015.06.14

海街diary

うーん、事件は、映画の外で起こっている。
父親は、不倫のはてに、出奔。再婚、再々婚、そして死亡。子らの母親も子らをおいて出奔。姉妹3人で暮らす家に、再婚して生まれた妹が、やってくる。
娘らのそれぞれの父、母に対する思い、再婚でできた妹の姉たち、父に対するそれぞれの思いの違い。
四女は、15歳になるまで、父親と暮らしているが、三女は、5歳までの父の思い出しかもたない。
この三女(へら魚釣りにこっている)に、四女が、魚釣りに連れて行ってもらった想いでを語る。三女が四女に「父のこときかせてね」というシーン。姉妹らから、「しらすご飯はじめてでしょ」といわれ、「ハイ」とこたえたが、本当は、父は、しらすご飯をつくってくれたことを、言い出せなず、悩む四女。
こころの襞が、静謐ながめんの中でゆれている、そんな映画です。
静かな演劇〜平田オリザの舞台のようです。そういえば、父の再婚、娘らの父母に対する思いのずえをあつかった、オリザの「火宅か修羅か」に似ている。
大竹しのぶさん、この前、「題名のない音楽会」で、ピアフにみえてたんですけど、こんどは、さえない、母親役を演じてまして、これだけ、役柄に応じてかえられるんだ!!

|

« 鴻上尚史さんのワークショップ | トップページ | OSK春の踊り6/7 »

コメント

海街は映画見てからコミック全部買って読みました!最近、我が家の食卓、しらす頻度高いですw

投稿: maki | 2015.06.16 21:16

>makiさん、おはよう。
私も、いま、漫画よみだしました。しらすごはん、おいしそうですね(^^)

投稿: 悠 | 2015.06.17 06:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/61743329

この記事へのトラックバック一覧です: 海街diary:

« 鴻上尚史さんのワークショップ | トップページ | OSK春の踊り6/7 »