« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015.06.18

海街dairy@漫画

映画みたんで、買いましたー読みました、6巻一気読み。
吉田秋生さんって、私、ずっと、男性だとおもってた。なぜだろう?
映画、漫画、どちらも面白かったです。漫画を忠実にすると、サイドストーリ、いっぱいできそう(^^)

サッカ少年が、足をなくしてしまった話、ヒマラヤで撮られたツルの話、大阪弁の少年の話、とかとか、切ない話がいっぱい。

それと、気がついたのは、漫画だと、内面の声(サブテキスト)が、簡単にできるんだ。お芝居だと、愛してるっていいながら、内面では「ばかやろう、このおかちめんこ」って内面でおもってる表現、漫画だと囲みの中かなんかにいれればできる!!
恋人にクリスマスプレゼントを送る相談をしたら友人が「そら、おんなのこの好むもんは、ひらひらの服やろ、光るジャアラジャラしたもんやろ?」「ありがとう(あーこいつに相談したのは間違いやった!」って、よーくわかる(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

OSK春の踊り6/7

ある女優さんのファンクラブで、ご一緒してた方からのお誘い。トップがかわってのお披露目公演。
うーん、誘ってくださった方、ご贔屓さんの招きの席までトップ高世、真央ご一緒されてる、梨園の妻じょうたいですね、うらやましい(^^)
で、舞台ですが、やはりはなやかですね。前から5列目の席、高世さんのあやしさ、うーん、あの流し目光線に、はまったら、ついていきますーーー状態になりますね。

で、であった友人と、食事へ。大阪だし、4時だし、どっかあいてないかと探して、お好み焼き屋さんがあった。
なに食べる?って聞いたら、「広島焼」!!!==このぉ、大阪でそんなこというたら殺されるぞ!!
で、メニューに「広島焼」ありませんでした。もだん焼を注文してくれました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.14

海街diary

うーん、事件は、映画の外で起こっている。
父親は、不倫のはてに、出奔。再婚、再々婚、そして死亡。子らの母親も子らをおいて出奔。姉妹3人で暮らす家に、再婚して生まれた妹が、やってくる。
娘らのそれぞれの父、母に対する思い、再婚でできた妹の姉たち、父に対するそれぞれの思いの違い。
四女は、15歳になるまで、父親と暮らしているが、三女は、5歳までの父の思い出しかもたない。
この三女(へら魚釣りにこっている)に、四女が、魚釣りに連れて行ってもらった想いでを語る。三女が四女に「父のこときかせてね」というシーン。姉妹らから、「しらすご飯はじめてでしょ」といわれ、「ハイ」とこたえたが、本当は、父は、しらすご飯をつくってくれたことを、言い出せなず、悩む四女。
こころの襞が、静謐ながめんの中でゆれている、そんな映画です。
静かな演劇〜平田オリザの舞台のようです。そういえば、父の再婚、娘らの父母に対する思いのずえをあつかった、オリザの「火宅か修羅か」に似ている。
大竹しのぶさん、この前、「題名のない音楽会」で、ピアフにみえてたんですけど、こんどは、さえない、母親役を演じてまして、これだけ、役柄に応じてかえられるんだ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »