« メアリー・ステュアート@ドラマシティ | トップページ | 歌劇「竹取物語」 »

2015.07.19

ス・ワ・ン

三茶婦人会(篠井英介/深沢 敦/大谷亮介)
オムニバス形式で、最初は、ルソンに流された、高山右近の妻(大谷)、娘(深沢)、小西行長の娘(篠井)。
高山が利休からもらった壷=これで、妻、娘がルソンで暮らす資金としようとしていたが、実は、この壷??
つぎは、中国のiPod制作工場で、自殺した恋人の真相をさぐる篠井、恋人と同じラインで働く(大谷)、工場長の愛人でもある妊娠中の女性(深沢)。二人からしらされた真相は、あっけないものだった。

東京の旧ホテルニュージャパンができる前のキャバレーにつとめる、三人。
これが一番面白かった。篠井さんもきれいだったし、大谷さんの女性姿ちょっと、違和感あるんだけど、この話では、違和感なし。歌って踊ってってな場面あり。これがふくらんでもよかったかな。

台風の影響で、jR京都から大阪は運転停止。京都からは、新幹線、新大阪からは地下鉄を乗り継いで、いった甲斐がありました(^^)近鉄アート館って、あべのハルカスの近鉄内にあるんだ。16Fでお茶したけど、見晴らしよかった。
百貨店で、骨密度、血管年齢、血流をチェックしてくれる催事場があり、チェックしてきました。血流検査で、私じつは、アレルギーをもってるので、いまは、でないけど、将来的にでる、と言われた。そういえば、子供のころ、??を食べてじんましんがでたことがあったけど。??食べたか忘れてる。骨密度、血管年齢とも実年齢以下でよかった(ホォッ)

|

« メアリー・ステュアート@ドラマシティ | トップページ | 歌劇「竹取物語」 »

コメント

台風の影響が残る中 お運び戴きありがとうございました!!

ウイットとシュールとなんか深~い実話が盛り込まれてて、なかなか良い脚本だったかと。
美しい篠井さん、チャーミングな大谷さん、キュートな深沢さん、それぞれに合った役でした。

健康第一、お元気で(^_-)-☆

投稿: p | 2015.07.21 22:23

>pさん、こんばんは。
いいお席ありがとうございました。
ほんと、篠井さん、おきれいでしたね(^^)
時代、場所を異にする、3つの、お話が、舞台上の入り口(出口?)で、きれめなく、続く、よくできた脚本でした((*^-^)

投稿: 悠 | 2015.07.22 02:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/61913861

この記事へのトラックバック一覧です: ス・ワ・ン:

« メアリー・ステュアート@ドラマシティ | トップページ | 歌劇「竹取物語」 »