« 秋晴れの日は、美術館めぐりを | トップページ | タンゴ・冬の終わりに »

2015.09.27

「フェニックス(不死鳥)」@映画の歌ーspeak low

邦題が「あの日のようにだきしめて」(原題「フェニックス(不死鳥)」)の最後で、 ニーナ・ホスが歌う、「speak low」。
ブレヒトとコンビを組んだ「三文オペラ」のクルト・ヴァイルの作曲。
映画の途中では、クルト・ヴァイルが歌うレコードが流されてます。

でも、この歌聞く度に、原題の方がいいよな、邦題はなんだかな、と思ってしまう。っていうか、邦題を忘れてしまって、映画の感動を人に語るときに、題名がうかばない、こまった脳です、おいら。

|

« 秋晴れの日は、美術館めぐりを | トップページ | タンゴ・冬の終わりに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/62362609

この記事へのトラックバック一覧です: 「フェニックス(不死鳥)」@映画の歌ーspeak low:

« 秋晴れの日は、美術館めぐりを | トップページ | タンゴ・冬の終わりに »