« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016.08.31

「朝比奈」

力持ちの武将が鬼と出会い、鬼の娘の「人間のくいぞめ」の相手とされる。
シュールな狂言です。初めて見ました。衣装も派手で、歌舞伎的かな。
朝比奈は、茂山宗彦。
鬼の娘は、茂山童司。
7人の鬼は、みんな鬼の面。素顔は、朝比奈のみ、珍しい狂言でした。素人会ではできないやろうな(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なごみの会狂言会

今年は、「宗論」の浄土宗の僧侶を演りました。
師匠に、最初の頃の稽古で、セリフが入ってなかったので、
私「今度までにセリフ入れてきます」
師匠「セリフは入れなくていいですが、キャラを立てて下さい。」「この役、陽気で、機嫌良くしている役なんです」
ってな会話があって、おいらは、反省。

で、陽気な僧侶演じきってきました(^^)

来年は、「哀れな」「ひも」「女房に離縁されそうな」男、「石神」の男を演ります。
この間、七五三先生と逸平さんの「石神」見てきましたが、これ、やっぱり面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇ワークショッップ

大津の市民劇団が主催しているワークショップに参加。
市民劇団の作品を演出されている方が講師。

うーん、自分の頭の固さをほぐされた感じかな、もう少し、ほぐされるといいのだけど(笑)
参加後、違う動き方ができたよね、ってなとこ多々あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マームとジプシー「0123」

京都の旧立誠小学校で。ここ映画も上映している。
小学校の部屋を3回ほど、移動しての上演。

京都芸術センターも元小学校だったし、ここへ、会場を間違えていってしまった。京都の街中に小学生はいなくなったんやーなと実感。しかし、間違えても上演に間に合うという、この距離感ってすごい!

なんか、災害の記憶というのかが、立ち上がってた芝居だった。ダンスのような振り付けでセリフを話す。岡田利規の芝居のような感じかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後妻業の女

大竹しのぶさんのうまさは言わずもがなですが、うまい。
劇中で、歌われる、ちあきなおみさんが歌ってた、「黄昏のビギン」、え、こんな場面で歌うのってな、意外感。聞かせる歌でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »