« 3月を振り返って | トップページ

2017.04.02

『彼らが本気で編むときは、』

『かもめ食堂』の監督荻上直子作品。
リンコ(生田斗真)は性同一障害の看護師役、書店に勤めるマキオ(桐谷健太)と同棲している。
マキオの姉は、子供トモ (柿原りんか)と生活しているが、育児を放棄して、男性と逃亡。

トモは、マキオ宅で暮らすことになる。

トモが母子家庭で塾に行けないのを学校でからかわたり、トモとゲームをして遊んでいる上流家庭の男子(バイオリンを引き芸大付属を目指しているが、性同一障害)。

たんたんとした、彼らの生活と差別がえがかれている。いい映画だった。


|

« 3月を振り返って | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/65097010

この記事へのトラックバック一覧です: 『彼らが本気で編むときは、』:

« 3月を振り返って | トップページ