« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017.05.27

「わたしのルネッサンス」

「渡辺浩子遺稿集」と題名にある。自宅の本を整理していたら、固表紙をカッターで剥がし、さらに、本を、分冊にしてて、第1分冊が見つからない(;;)。

きっと、買った当時、ほっておいて、その後、分冊にして読もうと思って、第1分冊で挫折したものらしい。

読み始めたら、一気に読んだ。ロシア経由で、ヨーロッパへの演劇旅行、当時、見られた、ロシア演劇、フランス、ドイツ、等、民藝の演出作品、かさぶた式部考、ゴドーを待ちながらの演出。面白くて、一気に読んだ。

著作の中にヨーロッパ滞在中の友人、大橋也寸さんの話も出てくる。
ネットで検索したら、「せめてしゅういち出版部」ってとこで、大橋さんの本を出しているとあったので、電話してみる。
出版した本は、売り切れということだったが、今日、出版された本があるというので、購入申し込みをした。
大橋さんの「詩を生む身体」持ってたはずだ(竹内敏晴さんが、ルコックのワークショップを受けられたときのことを書かれているので、それで買ったはず)(大橋さんは、ルコックの学校で学ばれている)。探したがないので、図書館で、借り出して読み始める。

なんか不思議なつながりで、読書が広がってゆく。増えた本の整理が進まない(;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.21

【蜷川幸雄シアター】身毒丸 復活@Tジョイ

出演 藤原竜也/白石加代子/品川徹他

 唐さんのお芝居、あわないやと、おもってて、やっぱり、このお芝居もだった(;;)ただし、京都下鴨神社で根津甚八が主演したのは、別だったけど。当時、黒テントのお芝居にはまってました。京都岩倉の映画館で、黒テントのお芝居やってました、たしか、中島葵さんとか、清水綋治さんとか。

明治時代のような、家族ががっちりした時代の息苦しさみたい雰囲気はツタワッってきますが。
お宮さんの境内、芝居小屋、奇人、お面売り、等々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.14

音楽劇新悪名

沢田研二主演 南野陽子、松永玲子、いしのようこ、加納幸和、茂山宗彦、土田早苗、小野塚喜世江
脚本 マキノノゾミ  COBA
昔、勝新太郎 田宮二郎の映画があった。あの朝やんが、ブラジルにいる。なんと、仏の道に入っている。
孤児院を経営するカソリック教会が、ヤクザから金を借りており、追い出されようとしているのに、朝やんが出張るってな物語。ジュリーの舞台を初めて見ます、COBAさんも初めてですが。加納さん、松永さんは、舞台見てるのですが、後で、パンフレットで、確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.09

「アンティゴネ」、「腹話術師たち、口角泡を飛ばす」

静岡芸術劇場ふじのくに 世界演劇祭

「アンティゴネ」美加理さんが、ムーバ-をされるとおもってましたが、これが、見たかったのですが、スピーカーをされてました。
従前の宮城のさんのお芝居って、もうすこし、声がお能の発声に近いと思ってたのですが、そうでも、なかった。
おいらの思い違いか?鈴木さんとこと勘違いしてるのか??

「腹話術師たち、口角泡を飛ばす」おもしろかった。腹話術師の会議で、腹話術師が、人形とが、自己を物語る。
先代の父がつかっていた人形を、娘が、人形を修復し、つかっている。
その会話、「えっ、パパはしんだの、えーん、えーん」
娘「父は、私には、人形とあそばせてくれなかったのよ」と父への思いを語る
ってな、シュールの会話がおもしろかった。

「アンティゴネ」は、駿府城にこしらえた野外舞台での上演。駿府城内では、ダンス、演劇などのパフォーマンスも行われていた。

ついでに、駿府城独自のイベントとして、関西からの肉を食べさせるフェアをやってて、京育ちの肉を大阪のお店でだしているってなステーキと、ビールを観劇前に注文して、食べたりしてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.04

海北友松展@京都国立博物館

「雲龍図」を見るために行ったのですが、「雲龍図」の迫力凄い。
じつは、京都国立美術館であるとてっきり思って、行き間違えて、しょうがなく開催されたいた「戦後ドイツ・映画ポスター展」を見ました。「羅生門」のポスター(写真じゃなく、イラスト風)とか見られました。

海北友松って、浅井長政の家臣の息子だったんだ、そういえば、京狩野派の狩野三楽も浅井家家臣の息子、もう一人、家臣の息子で、美術関係で有名な人がいたなー??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1940-リヒャルト・シュトラウスの家

1940年、皇紀2600年の祝う奉祝曲の作曲を、日本は、リヒャルト・シュトラウスに依頼する。

日本では、近衛総理から依頼を受けた有田外務大臣(この人、三島由紀夫の小説のモデルになった人??)から頼まれて、シュトラウスにあう若き貿易商人。
ドイツでは、大島大使(軍人から大使になった日ヒットラー信奉者)、リヒャルト・シュトラウスにあう。リヒャルト・シュトラウス一家の事情(ユダヤ系)。
1940年、日本で、オリンピックが予定されていた。

オペラ歌手の歌う歌が良かった。「蘇州夜曲」が一曲入ってました(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ジュリエットのいない夜」 鴻上尚史

「ロミオとロザライン」
小劇団の20周年記念公園に若手の有名男優に客演してもらって興業しようとする、主催者の演出家。若手の恋人にジュリエット役に起用。この恋人と男優とのことを嫉妬しながら、劇団員の妻をロザラインに起用している。
え、え、こうなんだよな、劇団維持するのも、人間関係も大変だよな。

「オセローとジュリエット」
「ロメオとジュリエット」若手有名男優の出演作の演出家に起用された主人公、若い恋人は、ジュリエット役をオーディションで獲得。男優と仲良くなっていく、恋人への嫉妬。男優の演出家への注文に翻弄されたり、年上の演出助手の意地悪な企みにも翻弄されたり。
本の帯に「言っておきますが、これはほぼ、フィクションです」ってありますが、本当かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「長い墓標の列」ピッコロシアター

主人公は、河合栄治郎がモデル。作者の福田善之さんが、アフタートークに出演って聞いて、こりゃ、いかなきゃ。

6時間ある戯曲を2時間にまとめたとか。ぶどうの会で竹内敏晴さんが演出されたという話をされてた、バレーリーナとなった娘の舞さんの話とか。福田さんのお話は興味深かった。

戦前の暗い時代に、「学問の自由」を唱え、解職された主人公。一度は、師と共に辞職すると言っていた助教授は、大学に残る。二人の対話が興味深かった。助教授の言葉の方に引かれた。「今が戦争に向かっていることを正確に分析すること」は必要ではないか。ってん言葉。

妻を演じた女優さんが、凛として、経済も含め、この主人公を支えている品のいい夫人を演じていて、よかった。

戦争中を中国で生きた、中江兆民の子「中江丑吉」が、若い友人に就職を世話して、「今は、折助奉公をするのがいい」と、助言していたというのを思い出した。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/4 読書

「蜜蜂と遠雷」 恩田陸 直木賞受賞作
ピアノコンクールをめぐる。音楽って楽しいんだ。天才少女と謳われていた少女が、突然、コンサートを放棄して出奔。天才ピアニストから、お墨付きをもらった少年(父と共に蜜蜂を追っている)やはり、少女と子供の頃知り合いだったことが明かされる青年ピアニスト。ピアニストをめざしながらも、音楽店に務める中年。それぞれが織りなす物語。それと審査員たち。ピアニストの生活、コンクールって、こんなのだってわかるのも面白かった。

「師団長殺し」村上春樹 友人の父、ヒットラーの支配していたドイツに留学していた画家のアトリエに住むことになった主人公。妻がさり、一人暮らし。ふと、見つけた友人の父の絵。この絵の中から現れた師団長、「そうではあらない」ってな言葉を話す。ダンディな免色さん(自分の娘かもしれない少女がいる)などなどが出てくる。
KFCのサンダースおじさんが出てくる小説があったけど、それに似ているかな(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »