« 1940-リヒャルト・シュトラウスの家 | トップページ | 「アンティゴネ」、「腹話術師たち、口角泡を飛ばす」 »

2017.05.04

海北友松展@京都国立博物館

「雲龍図」を見るために行ったのですが、「雲龍図」の迫力凄い。
じつは、京都国立美術館であるとてっきり思って、行き間違えて、しょうがなく開催されたいた「戦後ドイツ・映画ポスター展」を見ました。「羅生門」のポスター(写真じゃなく、イラスト風)とか見られました。

海北友松って、浅井長政の家臣の息子だったんだ、そういえば、京狩野派の狩野三楽も浅井家家臣の息子、もう一人、家臣の息子で、美術関係で有名な人がいたなー??

|

« 1940-リヒャルト・シュトラウスの家 | トップページ | 「アンティゴネ」、「腹話術師たち、口角泡を飛ばす」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/65233017

この記事へのトラックバック一覧です: 海北友松展@京都国立博物館:

« 1940-リヒャルト・シュトラウスの家 | トップページ | 「アンティゴネ」、「腹話術師たち、口角泡を飛ばす」 »