« 「花戦さ」「やすらぎの郷」 | トップページ | MEGURI~海の賑わい 陸の静寂ーめぐり »

2017.06.25

森田雄三発「からだ文学&楽ちん堂カフェin新開地」

朝起きて、あっそうだ、イッセイ尾形の舞台@京都、予約しなかきゃ、って思って予約の電話を入れた。希望日は、もう、チケット残り、わずか、客席の端しか残っていない(;;)

イッセイ尾形@一人芝居の演出家森田雄三さんがされてる、「からだ文学」神戸でやってるんだ、昼からだ。
24日が舞台、25日は、山下澄人×『からだ文学』が生んだ作家 石田香織とのトークだ。迷ったけれど、からだ文学をみに新開地まで。

なんか、ビルはきれいになってるだけど、もう少し、ごちゃ、ごちゃした街だったのにと思いながら神戸駅から歩く。大衆演劇をやってる小屋、ピンク映画館のある通りもきれいになっていて、そこに神戸アートビレッジがあった。
むかし、韓国の女優さんの一人芝居見にきたことがあったんだ。

で、森田雄三さんは、現在、脳溢血で、闘病中ですとのことだった。

学校の日常風景、赤子を殺してきた女性が、男性ロッカーのアパートを訪ねる二人芝居。
現に、腎臓透析を受けており、脳溢血で、左手に麻痺が残って動かない。車椅子にのってる男性の語り。
腎臓透析で、左手の動脈と静脈を合わせる手術を受けたときなど、日常生活の語り。
「麻酔を打たれて、手術する左手は、私から見えないように、カーテンで遮られてるんですわ。麻酔打たれてても、意識はあるんですわ」「先生、手術の様子実況中継してもらえますか」ってな感じ。一緒に病院の差し向かえのバスに乗り合わせたおばーさんとの会話。「雪国で、冬は、**かにが出るんよ」「へえ、いいですね」(これ以上聞くと、次の話の長い展開が続く)だから、反応は、少なめにする(いつも聞いている話なのだ)」

人間って、悲惨な状況を語られても、笑ってしまうもんなんだ。
というか、笑いは、悲惨な状況も、変えるんだ。

|

« 「花戦さ」「やすらぎの郷」 | トップページ | MEGURI~海の賑わい 陸の静寂ーめぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/65454295

この記事へのトラックバック一覧です: 森田雄三発「からだ文学&楽ちん堂カフェin新開地」:

« 「花戦さ」「やすらぎの郷」 | トップページ | MEGURI~海の賑わい 陸の静寂ーめぐり »