« 「マリアの首 -幻に長崎を 想う曲-」 | トップページ | 「花戦さ」「やすらぎの郷」 »

2017.06.13

ボリショイ・バレエ『パリの炎』

びわ湖ホールでの公演だから、ロシアまで、いってはみられないし、ってんでいってきました。
すごい数の出演者。身体のきれはいいし、やっぱし、すごいよねって。
白鳥の湖とか、クルミ割り人形だとかのは、あるけど、フランス革命、断首台なんてのも、舞台にある。ロシア革命後につくられたもんでしょうね。ってな、ことくらいしかわからない。

バレエというのは、物語自体は単純なんだ、と、思うと能・狂言と同じかな、あとは、その物語の極限の表現をめざす、ってところまで。

|

« 「マリアの首 -幻に長崎を 想う曲-」 | トップページ | 「花戦さ」「やすらぎの郷」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/65406306

この記事へのトラックバック一覧です: ボリショイ・バレエ『パリの炎』:

« 「マリアの首 -幻に長崎を 想う曲-」 | トップページ | 「花戦さ」「やすらぎの郷」 »