« ボリショイ・バレエ『パリの炎』 | トップページ

2017.06.19

「花戦さ」「やすらぎの郷」

「花戦さ」
野村萬斎主演

ラストのクレジットに、池坊の教授、関係者団体がでてくる。そっか、池坊が応援してるんだ。
花は、仏の供養のために、お寺で活けられたもだったんだ。
野村萬斎の顔の表情での演技が見ものかな(?)。
秀吉と利休の対立に、池坊専好がからむドラマ。
花、料理、お茶も禅寺と関係が深い。精進料理ってのあるし、みんな禅と関係してる。

一度、お茶席に呼んでもらったことがあるんだが、最初案内された部屋に掛け軸がかかっていて、「今日の趣向はこれです」という。次に茶席に移り、ここでも、掛け軸。で、これを感じて。お茶が振舞われる。
で、花が置かれているので、花器にそれぞれが1本づついける。お酒と料理が振舞われ、そのうちお開きになる。
このフルセットは、すごかった。
料理は、さる料亭の料理人が作ったものだと聞いた。
掛け軸も禅語だったし、掛け軸に描かれる禅語の解説本まで出てる。全ては、禅からなんだ。

「やすらぎの郷」@TV
出演者の野際陽子さんが亡くなった。出演部分は、取り終わってるってことらしい。
毎日録画して、見ている。みゆきさんが主題歌を歌ってる。歌の部分短くしてくださっても、ドラマの方長くしてください(みゆきさん、ごめんなさい)ってほど、面白いドラマです。シナリオ本は、上巻、中巻、下巻と別れてて、今、ドラマは、中韓あたり。

|

« ボリショイ・バレエ『パリの炎』 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/65429531

この記事へのトラックバック一覧です: 「花戦さ」「やすらぎの郷」:

« ボリショイ・バレエ『パリの炎』 | トップページ