« 演じる力 関わる力 ワークショップ | トップページ | 鬼瓦@狂言 »

2017.08.14

ヒトラーへの285枚の葉書@映画

息子を戦死でうしなった父が、「自分の息子はヒトラーに殺された」「戦争はやめろ」といったカードを、書いては、町の目立たぬところにそっとおいてゆく。妻も、協力してゆく。

285枚もまいている。警察は、犯人をみつけだせない。ナチ親衛隊から、警察官僚は無能だとののしられる。

父のちょとしたミスから、夫妻はつかまり、死刑にふされる(これで、死刑なの??ナチ批判のカードをかいただけなのに)。

ナチもの映画って、なんか最後は、ナチに見つかって死刑ってな映画がおおくて、カタルシスがない(;;)
マリアンヌとかは、ナチ要人の暗殺だったから(敵味方のスパイの恋愛ものでもあったけど)こちらの物語の方が映画としては、好み。

|

« 演じる力 関わる力 ワークショップ | トップページ | 鬼瓦@狂言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/65664106

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトラーへの285枚の葉書@映画:

« 演じる力 関わる力 ワークショップ | トップページ | 鬼瓦@狂言 »