« 「グローリアス」 | トップページ | 絹谷幸二転@京都新国立美術館 »

2017.09.30

妄ソーセキ劇場@イッセイ尾形

夏目漱石の小説「坑夫」「草枕」「道草」「門」「明暗」から、小説に登場する登場する人物を題材にした一人芝居。
坑夫は、坑夫になろうとする人を、落語家の老人が語る。時々認知症状を呈したり、「落語は、上下(かみしも)を切りますが、私は、首が痛いので、真正面を向いて、語り分けますんで、お客さんが、右向いたり、左向いたりしてください」ってな人を食った語りになどには腹のそこから笑った。
「草枕」は、主人公の画家が髭剃りにくる床屋の親父。
「門」は主人公の弟。
「道草」は??でした。
「明暗」は吉川夫人。
「門」は、暗い話だったので、あまりだったが、他は大笑いだった。

イッセイ尾形さんの舞台は、京都府立文芸会館で見たの最後だったけど、何年ぶりの舞台だろう(??)
来年も、舞台があるそうです。

|

« 「グローリアス」 | トップページ | 絹谷幸二転@京都新国立美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妄ソーセキ劇場@イッセイ尾形:

« 「グローリアス」 | トップページ | 絹谷幸二転@京都新国立美術館 »