« 狂言ーアイルランドと女の世界 | トップページ | 「婚約者の友人」「ポリーナ、私を踊る」 »

2017.10.16

登呂遺跡、芹沢銈介美術館、SPAC等

研究会が熱海であって、どうせ泊まりだし、静岡まで足をのばし行ってきました。
芹沢銈介美術館で、のれん、着物、帯、等々をみてきました。
小さな男の子が相撲の突き出しのように両手をだしているのれん、右には、「もどるか」左には「ですのか」と書かれたのれん。うーん、こんなのれんを目にしたら、どうしたらいんだろう???とおもしろかった。

で隣の登呂遺跡博物館というか、登呂遺跡の入り口に芹沢銈介美術館があるんですけど。海のそばだったもので、土塁でかさ上げして、遺跡ができていた。10~20人なら夜、寝られそう(??)

で、最後に「病は気から」(原作モリエール、潤色・演出ノゾエ征爾)中高生鑑賞とあった。中高年がみても、おもしろかった。始まる前に片岡佐知子さんの「中世のお話しなので、わらえない」「わらえるようにノゾエさんが潤色してます」ってな解説があって、これは、フランスのモリエール作とはことなっているんだと理解。
舞台上には、客席がしつらえてあって、そこで、芝居がおこなわれる。事前にきいてないと、頭の固いおいらは???のれんぞくだったろうな。

で、帰ってきたら、大津のジャズフェスティバル。友達が、ジャズのボーカルをならっているという先生が、ジャズフェス出演者のすきよりで、セッションをされてるってんで、お店に行ってきました。

ピアノ、ドラム、トランペット、ベースなどを楽しんではりました。二つ、三つの楽器ができるひとがいるんだ。
音楽は、こういうセッションができていいな。

|

« 狂言ーアイルランドと女の世界 | トップページ | 「婚約者の友人」「ポリーナ、私を踊る」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/65924035

この記事へのトラックバック一覧です: 登呂遺跡、芹沢銈介美術館、SPAC等:

« 狂言ーアイルランドと女の世界 | トップページ | 「婚約者の友人」「ポリーナ、私を踊る」 »