« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017.12.25

「サド公爵夫人」SCOT@吉祥寺シアター

「サド公爵夫人」登場人物は4人、公爵夫人、夫人の母、妹、サン・フォン伯爵夫人。登場人物も省略されている。
すごい舞台でした、登場人物は、ほとんど、客席にむかって、動かず(夫人の母以外)、話してるんだけど、ことば(台詞)が飛び交い、まるで、ボクシングのジャブの応酬みたい。こんな緊迫した舞台を見るのは、はじめてかな。
本当に俳優の言葉だけで、なりったってる舞台でした。

今年の利賀では、予約が一日遅れたせいで、この舞台のチケットがとれなかったんで、吉祥寺シアターのチケットとったんですが、帰りは、満足(^^)。

「北国の春」って演目もあったんだけど、半分以上寝てました、、、、隣の人に迷惑かけてなければいいが(;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.22

「ミスター・ガガ」「パッション・フラメンコ」 

@ミスター・ガガ
この前観たLAST WORK ラストワーク@バットシェバ舞踏団の指導者ガガを描く。舞台の前に見るべきでした。、映画では、ガガのダンス団遍歴と、指導の様子等が描かれている。体の力を抜いたり、感情を内にとどめるとかのアドヴァイスが団員になされてる。
舞台を見る前に映画だった。

@パッション・フラメンコ 
フラメンコダンサー・サラ・バラスの率いる劇団の公演、ツアーを描くドキュメンタリー映画。
ちなみに、18歳のサラ・バラスは、日本で、初めての舞台を経験している。
今回の公演も東京を含んでいる。スペイン、メキシコ、パリ等の公演でうつる街並み、劇場と、東京@日本の街並みの差~なんというか、他に比べると人がひしめいていて、暗い~が気になった。
フラメンコの生の舞台、みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.09

狂言「文荷」、映画「オリエント急行殺人事件」

狂言「文荷(ふみにない
」 いま稽古しているのが、「文荷」 で、教えてもらっていると、茂山千五郎が出演するって聞いてチケット取ってました。 (主催 京都市民狂言会) 開場時間前から待っている人が列になっている、すごい人気なんやなー隣に座った人は、大阪からだとゆうてはったし。

「文荷」宗彦VS千五郎コンビ面白かった。ばかばかしいほどの面白さ(^^)

オリエント急行殺人事件@映画

面白かった。アガサ・クリスティ読んだことがなく、また、映画の原作となっているか、どうかも、わからない。
時間があれば、何かも見ているってな感覚で、映画見てきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »