« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018.01.28

「噓を愛する女」「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」

「噓を愛する女」
長澤まさみ見たさに見てきました。高橋一生、吉田鋼太郎、ダイゴなど出演。
キャリアウーマンの女が、5年間、一緒に暮らして、母親に紹介しようとする日、男(一生)は現れない。刑事が男が脳内出血で、倒れたと、連絡が入る。
男の免許証は、偽造されていて、住民票の登録さえない。
探偵(吉田)に頼んで、身元を調べてもらう。
男のパソコンを見つけ、その中に小説が書かれている(原稿用紙700枚ほど)その中に、灯台に夕陽が重なるとロウソクのように見えるって、のが出てくる。
小説には、小さい頃、その灯台の下に、ビー玉とかの宝物を隠した、ってのが出てくる。
探偵の助手(ダイゴ)が、パソコンで、瀬戸内海で、夕陽が、灯台に重なる場所を全て検索して探し出し、女は、探偵と二人で、探し回り、隠し場所を見つけ、それを手掛かりに男の過去を探し、、、、、さぐり当てる。このあたりが切ないかな。

小説の中に「夫婦が男の子と三人で、歩く姿が書かれている」、しかし、、、、、

「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」(米映画)
ハラハラドキドキだけど、えっ、えっ、えーってな感じの映画。史実に基づく映画だと思ったおいらがバカでした(;;)

今の住居に引っ越して、家から歩いて3分くらいのとこに映画館があって、引っ越した頃、TV代わりに映画見てたんだけど。ここしばらくは見たい映画がかかってない、見てないって時期が多かった。
TV見ないので、代わりに見られる映画が、ここんとこ、かかってます(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「愛を綴る女」

女は時々発作を起こし、家族からは厄介しされている。男は、女に心を寄せている、が、女は、男に愛情を持っていない。家族は、女と男を結婚させる。故郷から戦争で逃げてきた男に仕事を与えるという条件で。女は男と、セックスをしないという条件で結婚する。
女は、結石を患っており療養所に入所するが、そこで、腎臓をやむ軍人と出会う。軍人はリヨンの病院に移送される、が、また、療養所に戻ってくる。二人は恋愛関係となる。女は、療養所から自宅に連れ戻るが、軍人とは、一緒になるという約束をしている。自宅に戻ってから、女は、軍人に手紙を書くが、返信はない。
息子(女と軍人の子)は、ピアノコンクールに出場するので、女、男で、パリに向かう。会場に行く途中に、軍人が住んでいたマンションを見つけ、女だけ、住居を訪れると、軍人は、リヨンへ転院した翌日に死んだ、と
告げられる。

二人は、軍人がリヨンから療養所に戻ってからで恋愛関係にあったのに、えっ、えっ、軍人リヨンへ転院した翌日に亡くなっている?????

ここからがえっ、えっの連続で、面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.14

「ヒエロニスム・ボス」「嘘八百」@映画

「ヒエロニスム・ボス」
うーん、絵を前にたくさんの人が絵について述べる。
だんだんと、絵がむすかしいのに、解説がさらに輪をかけて、難しい。
でも、けったいな絵だすもんね。

「嘘八百」
うーん、面白かっただけど。
もっと、面白くならんかったんん??
ってな不満が残る映画。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »