« 「噓を愛する女」「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」 | トップページ | ゴッホ展@京都近代美術館 »

2018.02.05

「祈りの幕が降りるとき」「羊の木」「3月の5日間」「黒蜥蜴」

映画「祈りの幕が降りるとき」
別れ離れで暮らしている娘・舞台の有名演出家(松嶋菜々子)。
父は、世間から身をかくして生きている。この父が行う犯罪、それにかかわる娘。

松本清張の「砂の器」に似ている。
母が逃亡し、死亡。この母のことを少しでも知ろうとする所轄をかわらずに母の情報をあつめている刑事加賀(自称マザコン)( 阿部寛)。


映画「羊の木」
仮釈放の要件が緩和されて、10年村にすめば、刑を務めたことになる(映画での話)。仮釈放になった殺人犯6人。このことを知っているのは、役場の副市長を課長(役職名うろおぼえ)。
過疎地対策の村が、受け入れる。事件をおこしそうな人がいるが、一番、善良そうな、人が、やむにやまれず、犯罪を犯す。

舞台「黒蜥蜴」
「黒蜥蜴」うーん。言葉の洪水。この前の「サド侯爵夫人」もそうだったけど、三島の戯曲って、ほんと言葉が溢れている。探偵が、犯人の心の動きを読みながら推理する、犯人は、自分の心の動きをよまれないようにことを行う。恋愛みたいなものだ。このセリフって、小説家が、小説の中の人物を書くときのことを説明しているみたい。
 中谷美紀×井上芳雄
ふたりとも、セリフががんがん、客席にとんできて、ここちよく、セリフに圧倒されました。
舞台「3月の5日間」渋谷?のアメリカ大使館にイラク戦争に抗議するデモ。その日ライブに行って、ラブホで泊まった男女。

舞台「3月の5日間」(岡田利規作)この作が、TVで放映されてたことがあって、なんだ、これは、えっ、とTVを切った。その後、海外で評判になっていると知って、ちょうど、いいや、とみてきました。でも、おいらには、会わなかった(;;)

|

« 「噓を愛する女」「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」 | トップページ | ゴッホ展@京都近代美術館 »

コメント

祈りの幕、良かったです。
滋賀のロケを見て、テンションあがりました!(*⌒▽⌒*)

投稿: まき | 2018.03.01 23:15

滋賀の風景よかったですね。彦根近辺でてましたけど、琵琶湖が写ってるので、、わかるのですが、はっきり、ここだと、言えないのが辛い(^^)

投稿: 悠 | 2018.03.03 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/66359486

この記事へのトラックバック一覧です: 「祈りの幕が降りるとき」「羊の木」「3月の5日間」「黒蜥蜴」:

« 「噓を愛する女」「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」 | トップページ | ゴッホ展@京都近代美術館 »