« 「カルメギ」(かもめ)@第12言語演劇スタジオ・東京デスロック | トップページ | 日常生活この頃 »

2018.07.23

「忘れる日本人」地点

ひさしぶりの劇団「地点」観劇。
この劇団の所見は、びわ湖ホールの大舞台の上に、さらに舞台をつくって「かもめ」だった。
地点語、どくとくの発声法にびっくりした。地点主宰の三浦基さんのワークショップをうけたけど、日常的に話しているときの、言葉の区切りをずらしてみると、言葉が伝わるってのを実感したこともあった。

船を担いだ何人かが、舞台をさまよう、ひもで囲まれた舞台の中で演じられたり、ときどき、ひもの外にでる人も。
歩き方も足を八の字、逆八の字にして、体の移動をしていた。海の中に浮いてるような感じにみえた。

なんかよく分からない舞台だった(;;)

|

« 「カルメギ」(かもめ)@第12言語演劇スタジオ・東京デスロック | トップページ | 日常生活この頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140581/66978483

この記事へのトラックバック一覧です: 「忘れる日本人」地点:

« 「カルメギ」(かもめ)@第12言語演劇スタジオ・東京デスロック | トップページ | 日常生活この頃 »