« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018.10.24

「竹取」@びわこホール

現代能楽集Ⅸ『竹取』竹取物語
マイムの小野寺修二さんが演出。台詞は、平田俊子。出演 小林聡美、貫地谷しおり他。
能と同じく、みんなが知っている物語をどう表現するかってな舞台でした。

天井からタレさっがったヒモを効果的につかってました。後、小道具は、畳にも見え、扉にも見える板2枚くらいかな。
基本は、マイム。おもしろかった。

備忘録
大津ジャズフェスティバル(10月15日)高原かな(VO)のみ来てた帰ってきました。なんか、昨年までより、規模が小さくなったみたい。

岡山へいってきました(10月10日)なにげに、新幹線の岡山駅で食べたランチの寿司、これがおいしくて。
(海に面してない,滋賀にすんでると、面している県の海鮮物がうまい)、
岡山城、後楽園をあるく(早朝だったもんで、お城の天守閣にはのぼれなかった。
駅で、自転車をかしてくれるので、駅から自転車で。
いつも、お城をみると、彦根城と比べてみる癖がついてて(笑)、はい、彦根城より大きかったです。後楽園も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.07

日日是好日@映画

茶道修行の物語

樹木希林、黒木華、多部未華子さんら見たさに行って来ました、習ってれば、自然の移り変わり目とかに敏感になるんだろうな、って気がする。でも、茶事に参加するための、着物揃えるの大変だろうな。

畳の縁を踏まない(これって、畳の張替えのときに、稲部分より、布部分が高いので、この部分が痛まないようにしてるんちゃうか、とか、茶碗を見るときには、体を屈めて両手を持つのも、落としたときに、茶碗が割れないためとか、柄杓で、まず口をすすぎ、手を洗い、最後に柄杓の柄に水を流すのも、水の有効活用ではないかと思ってるんですけど、どうなんでしょ(^^)。

樹木希林さん、茶道の師匠、あーこんな感じだろうなって、思って見てました。黒木華さんの「ビブリア古書堂」が見たいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日この頃

終活だとか言って本の整理を始めた友人。古本屋さんに、本を取りに来てもらったとか。文学全集とか辞書とかのケースに入った本は引き取って、くれない。売れないから、というのがその理由らしい。マニア向けになるんだろうな(;;)
おいらも、本の処分しなきゃ、なんだけど。
この間、「ビブリオ古書堂」黒木華主演で映画になってるってんで、小説買って、読み始めた。全巻7。揃えて売ったほうがいいか、ってな、理由をつけて、全巻買って読んだ。ブックオフ、いくらの値段つけてくれるかな(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »