« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019.05.27

「居眠り磐音」「轢き逃げ」「空母いぶき」

「居眠り磐音」江戸詰めで剣道道場でも一緒の3人。やっと、地元にもどり、藩政に貢献することが期待されているのに。

一人は、もう一人の妹を妻としているが、殺してします(叔父に妻の不倫を吹き込まれ、問答無用に)。もう一人は、妹の仇討を。それを磐根が宇打つ。磐根は出奔。江戸でウナギ割きをなりわいとして、長屋の家主の紹介で、両替屋の用心棒となる。ってな物語ですが、磐根と、仇討で切った友の妹の命運などが切ない。

「轢き逃げ」一人娘を失い酒浸りになる父。娘の日常をおうようになる。そして判明した轢き逃げの真実が発見される。

てっきり舞台は、東京だっけと思ってみてまして、あれ、こんなに海が見えるのだと思ってました。公判で、舞台が神戸だってことがわかって、そういやぁ警察は母校のなんとか会館ににてたなとかとか。

「空母いぶき」見知しらぬ国から攻撃をうける空母。国通しの戦争にならないよう、ぎりぎりの戦闘が行われる。国同士の戦闘は回避される。漫画週刊誌に毎回連載ているかわぐちかいじさん原作。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »