« ジョギング日記 | トップページ | 「じゃじゃ馬ならし」「涙目コント」「怪人二十面相」 »

2019.07.30

映画「アルキメデスの大戦」舞台「大悲」

「アルキメデスの大戦」

映画のはじめは、戦艦大和が、米機の攻撃をうけて沈没するところからはじまる。芸者遊びをする菅田将暉と同じ置屋で密談する海軍山本五十六等に場面にうつる。日米戦にそなえて、戦艦の新規造船がはかられていて、将来の会戦について戦艦をどうするか?ってなことをめぐって物語はすすんでゆく。数学ってすごいなーと、数学嫌いのおいらはおもう。

「大悲」池田小学校の生徒を殺害した事件をモデルに、死刑になった被告人、弁護人等をめぐる物語。

久世星佳さんは、弁護人の妻。夫がひきうける弁護に頭書は反対するが、その後は、理解していく妻を演じている。名前で呼び合う夫婦、久世さんがこんなやさしい人をいままで、演じたことあったけ、と、思う程。

|

« ジョギング日記 | トップページ | 「じゃじゃ馬ならし」「涙目コント」「怪人二十面相」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョギング日記 | トップページ | 「じゃじゃ馬ならし」「涙目コント」「怪人二十面相」 »