« 映画「閉鎖病棟」 | トップページ | 「ただしヤクザをのぞく」「牡丹灯籠」「ア・ラ・カ・ル・ト」「マクベス」 »

2019.12.27

「スターウォーズ」「カツベン」「男はつらいよ50」「し人荘の殺人」@映画

「スターウォーズ・スカイウォーカーの夜明け」スターウォーズは、連作のはじめ見てるわけではなく、ここんとこ2作ほど見ただけなんです。でも、スケールの大きさにひたすら感動してました。

「カツベン」(監督・周防正位)主演・成田凌、黒島結菜 面白かった。カツベンのまねをしてた少年。有名カツべん師をなり、宴会の間に仲間が窃盗を働く集団から逃れ、本物の活弁になる。幼い頃、活動映画の撮影を見学して一人の少女は、女優となっている。元の中間、刑事に追われたり。町に二軒しかない、活動映画館の抗争、など。最後まで、えつ、えっと気の抜けない、映画でした。

「男はつらいよ50」寅さんの甥、さくらさんの子の満男は、小説家となっており、女子中学生の子供と二人で暮らしている。妻は亡くなっている。国連関係機関で働く泉(後藤久美子)と偶然に再会する。泉が日本に滞在する二泊三日の物語。物語の進行に、寅さん映画の一コマが挿入される。うまくできてます。で、面白かった。

「し人荘の殺人」大学生の探偵男性コンビ、女子大生探偵が謎にせまる。この女子大生探偵のキャラがうまく立ち上がっている。男性コンビの片割れが彼女の助手になり、謎を解く。ただ、謎の菌に感染し、野外コンサートに参加した観客がゾンビになり、ゾンビに噛まれた人もゾンビになるという設定で、別荘に逃げ込んだ人たちだけの中に起こる殺人の謎解き。ゾンビになるっていう設定が荒唐無稽だったけど。

 

|

« 映画「閉鎖病棟」 | トップページ | 「ただしヤクザをのぞく」「牡丹灯籠」「ア・ラ・カ・ル・ト」「マクベス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「閉鎖病棟」 | トップページ | 「ただしヤクザをのぞく」「牡丹灯籠」「ア・ラ・カ・ル・ト」「マクベス」 »