« 「ハムラ・アキラ」(TVドラマ) | トップページ | コロナウィルス、いつ収束に向かう?? »

2020.03.25

@映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』「狂言・講談・浪曲」

★「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」映画
1969年、東大駒場の講堂での、東大生と三島由紀夫の討論。

学生の芥正彦(後年、森雅之の子である中島葵と舞台をやってるのを、京都の岩倉で見たことがある。黒テントのお芝居もやっていた。)、小坂修平、とか討論の相手になっている。三島は、学生にこびもせず、対等に議論している。東大の入試がなかった年のことだ。討論の中身は難しし過ぎてわからない(;;)三島は、この討論会の2年後に盾の会をつれて防衛庁に乗り込み、自死している。あの時代だからできた企画。当時は、つい最近香港でおこっていたような学生の叛乱がおこっていた。若者は、信じてくれるかな?

★「狂言・講談・浪曲」
京都E9という劇場(客席100人くらいかな)ができて、会員になっていて、暇ができたら、観劇に通ってます。若手落語家、講談師、浪曲師がくんでの企画。
目当ては、茂山千之丞さんの「那須語り」茂山元彦さんの「狐塚」。

はじめて講談、浪曲を聴きました。浪曲師は、10年修行をしてますって、いってました、現在25才。真山隼人師。「幽霊」(丸山応挙の幽霊画)にまつわる話と、「雨月物語」の夫の帰りをまって、なくなった妻の話。講談は旭堂南龍師。家康の娘をめとった尼崎城城主の話、歌舞伎役者と眼医者の友情物語。

|

« 「ハムラ・アキラ」(TVドラマ) | トップページ | コロナウィルス、いつ収束に向かう?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ハムラ・アキラ」(TVドラマ) | トップページ | コロナウィルス、いつ収束に向かう?? »