« 生の落語きいたのって、いつ以来だろう?? | トップページ | 映画・TVをみてます。 »

2020.08.01

久しぶりの生舞台

京都E9〜アラベスク、狂言+浪曲+講談、京都文芸会館〜落語、お芝居、演劇をみてないぞ。中止になった舞台はあるけど。

ビデオみたり、音楽を聞くってのもないし。映画は、見てましたし、ユーチューブで、演劇はみてたけど。

今日、ダルカラの谷さんが大阪で、ワークショップをやったあとの参加者による舞台を観た。ワークショップをうけられたのは、役者さん(?)。

脚本コースもあり、その脚本を観客の前で見せるってなもの。

一つは、地球に惑星が落ちてくる。人々はみなシェルターで生活している。でも、落ちてくる惑星が、シェルターにあたると、中にいる人は全員死んでしまう。シェルターには、空を飛ぶという機能がついている、これで、衝突を避けられるかもしれない。ところが、その機能は、シェルターの外から操作しなければならない。で、いろいろ、わけありな、シェルターの中で、誰が、その役をやるかが議論となる。

もう一つは、劇団の演出家は、パワハラ気質。主役の役者はたまらず、退団を決意する。もうすぐ本番で、チケットはうれている。このパワハラを、愛情だと誤解してしまうお互いの体質。なんか、DVとか幼児虐待とか、パワハラとか同じ構造なんだ、ここに可視化されている。こちらは、面白かった。

映画は、近所の映画館にかかるものは、暇があったらみてます。ランボー、コンフィデンス、アニメ・ゲド戦記、中島みゆきの一昨年の夜会を撮ったもの。大林監督作品「海辺のシネマ(?)」は、近所で上映しないから、都会にでねばならぬか。コロナ、なんとか、ならないかな。こまったもんだ。

|

« 生の落語きいたのって、いつ以来だろう?? | トップページ | 映画・TVをみてます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生の落語きいたのって、いつ以来だろう?? | トップページ | 映画・TVをみてます。 »