« 久しぶりの生舞台 | トップページ

2020.09.16

映画・TVをみてます。

壁の花団「アナクレト・モローネス」(南米の信教集団のが、逃げた団員を探ししているーこれでいいかな?)

セックスがあけすけに語られるけど、全然、エロスとか、しめった感じがない。結構おもしろかった。南米だと、こういう感じになるのかって、思ってみてました。

「キスリング展」(エコール・ド・パリの巨匠)の絵画を見てきました。東郷青児の女性画に近いような女性の描き方だった。

経歴をみると、フランスに居住し、ナチスの迫害がはじまる前にアメリカに移住ってあった。フランスでは、藤田嗣治、モデリィアニ、ピカソとかと交流があった、と書いてあった。

「シチリア-ノ 裏切りの美学」イタリアのマフィアの内部抗争からはじき出されたマフィアが、逮捕され、検察官に共感し、マフィアの実体を洗いざらいははなす。逮捕されたマフィアの裁判で両者が対決する。しかし、仲間同志なのに、壮絶な、殺し合いがすごい。広島やくざの壮絶な戦いを映画にした「仁義なき戦い」みたいな映画だけど。腕を切り落としたりするんだけど、イタリア映画は、どこか明るいな。

「マイルス・デイヴィス・クールの誕生」
 あれほどの人が、警察官から受ける待遇は、一般白人以下。フランスでは、音楽家として差別を受けなかったのに。 時代、時代に応じて音楽、演奏集団がかわっていく。 コルトレーンとバンドを組んでいたこともある。って、音楽に詳しくないんでですけど(;;)

「オフィシャル・シークレット」イギリスの情報機関で働く女性(@キーラ・ナイトレイ)が、アメリカの諜報機関からのメールを受け取る。アメリカのイラク攻撃は、不正な戦争であった。彼女は、これを、新聞記者に流す。彼女は、秘密漏洩で逮捕され、裁判闘争がはじまる。でも、英米って、こういう裁判であらそえるってのがいいよね。日本でも昔、核兵器持ち込みを認める密約があったことが争われた事件があるけど、密約はなかったと敗訴している。後日、密約があったことが認めらたのを思い出す(西山太一記者)。

|

« 久しぶりの生舞台 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの生舞台 | トップページ