« 山下洋輔@琵琶湖ホール 「熊楠の家」 | トップページ | 「ローエングリン」ゲネプロでばったり。 »

2021.02.21

波の上のキネマ@ピッコロ劇団

 廃業かどうか思案中の尼崎の映画館主、映画館は、創始者の祖父が戦後始めた。シネコンにおされて、映画館の経営も大変であるらしい。不動産屋は、パチンコ屋に売らないかと執拗にせまってくる。映画館店主を沖縄からの客がおとずれる。新聞に映画館の廃業の記事がでる。その記事をみて台湾から男性が、祖父の写真を返しに訪ねてくる。 ピッコロ劇団ほか×岩崎正裕(劇団太陽族) 原作=増山 実、集英社刊)


 そこから、祖父の軌跡をたどることになる。戦前、祖父は、人入れ家に騙されて、西表島で石炭を採掘を行うことになる。そこは、囚人のような過酷な労働を強いられる。訪れた客の祖父に思い人の絵(ふじたつぐじの署名がある)を託して、本土に逃げ帰る。その西表島では、映画館があった(これは史実)。帰国した祖父は、尼崎で映画館をはじめる。劇の中では、チャップリン@街の灯、@七人の侍、@椿姫などのワンシーンを俳優たちが演じる。これもよかった。


 その祖父の足取りをたどった主人公は映画館をつづけることを決意する。


 私のみた舞台では、始まってすぐ、幕がおり、何事って思ってたら、脚本、演出の岩崎さんが、舞台前で、「え、この舞台は、出演者が、役を複数します。で、その度に当然衣装を着替えるのですが、着替えを忘れたでてきた役者があるので、もう一度はじめからやり直します」とのことでした。


 こんな、ハプニングは、「天保一二年のシェイクピア」@井上ひさしでも経験した。冒頭、唐沢さんとだれかの掛け合いで始まる。二人の会話がながいな??って見ていると、客席後方から蜷川さんが、舞台にあらわれ、「すいません、はじめからやりなおします」ってなことを経験したことがある。たぶん、早く切り上げる会話がながくなったのだろうか。アドリブでやってたんだろうか??でした。


 これで二度目だから、もう一回くらい経験するかもしれない(^^)

|

« 山下洋輔@琵琶湖ホール 「熊楠の家」 | トップページ | 「ローエングリン」ゲネプロでばったり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山下洋輔@琵琶湖ホール 「熊楠の家」 | トップページ | 「ローエングリン」ゲネプロでばったり。 »