« 2021年7月 | トップページ

2021.08.24

狂言会終了

8月22日(日曜日)狂言会 無事終了、コロナ対策は、映画館みたいに、客席の前後左右は座れないようにし、手指の消毒をしてもらって、開催。
席はほぼうまっていたな。例年より少し客が少ないくらいかな。無事終了。
「棒縛り」(使用人の次郎、太郎は、いつも主人が留守になると酒蔵の酒を盗んで飲んでいる。主人はこれを防ぐため両人につき、次郎をかかしのように棒を担がせ手首をくくり、太郎を後ろ手にしばって、出かける、二人はその状態で、酒蔵の戸を開け酒を飲む。
酒を飲んで酔っ払っての状態で、余興で舞を舞う。で、主人が帰ってきて、、、折檻。
この狂言、不自由な状態で、さらに酒を飲んで酔った状態で、舞うってところがみどころ。狂言会が終了したら帰宅、例年みたいな、後席(宴会)はなし。
でも、終わってほっとしてます、たまっている仕事もあるし、当分、忙しいかな。

| | コメント (2)

2021.08.07

狂言の会

昨年から稽古している「棒縛り」@狂言(次郎冠者)のセリフはいったが、全然、舞台で発表できる水準なのか、わからない。昔、棒縛り@太郎冠者役をやっていて、なんとかなりそうなものなのに。まだ、しあがった感じがしない。昨年は舞台発表会は、コロナで中止。
知り合いに来てもらうのに、「お名前」「連絡先(かならずご連絡先のつく番号)」を書いてもらってくださいとある。これを書いてもらっての入場となる。コロナ患者がでれば、来てくれた人に、その旨連絡するんだろうな。
発表会まであと半月ほど。共演者から自主稽古のおさそいがあるが、例年だと、自主稽古参加してるけど、今年は、気分がのらない。
なんか、勤労意欲はないし、おもしろいと感じるものもない、ない、ないづくし。
少なくとも年間4回くらいは舞台@狂言に出ていた昔がなつかしい。

小曽根真さんのジャズコンサート@びわこホール この間、琵琶湖ホール恒例の山下洋輔さんのコンサートもよかった。小曽根さんの演奏をきくのは初めてでしたが、舞台に現れての最初の言葉が「わーいっぱいだ」(ニコッ)。おちゃめな人だった。また、来年もあるといいな、

演劇の舞台がみたいなー、そっか、これが活力のもとだったんだ。ちかごろ、みてないもんな(泣く)

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ