2018.02.28

ターナー展

ポスターとか見てて、てっきり、ターナーの絵って油画って思ってました。最初、水彩画があって、見てるうちに、自分で、これって油画だよなーと思って画面の解説見たら水彩画ってある、がーん。思い込みってのは怖いもんだ=お前がものを知らないだけだ!!
へい、すみませぬ。

確か漱石がどこかでターナーに言及していて、水墨画を愛した漱石好みかな、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.05

ゴッホ展@京都近代美術館

ゴッホが、浮世絵の影響を受けているのは知っていたけど。
アルルの風景が日本の風景と同じだと、風景を描いているのは、知らなかった。
浮世絵に影というか陰影がない、ゴッホの絵にも陰影がない、って、のも、展覧会で指摘されて初めて知った(;;)
陰影がないのが、当たり前になってるのかな。

で、日本のから、ゴッホ詣で(お墓、ゴッホが描いた教会、等々)で、訪れている日本人の写真とかも展示されていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.09

狂言「文荷」、映画「オリエント急行殺人事件」

狂言「文荷(ふみにない
」 いま稽古しているのが、「文荷」 で、教えてもらっていると、茂山千五郎が出演するって聞いてチケット取ってました。 (主催 京都市民狂言会) 開場時間前から待っている人が列になっている、すごい人気なんやなー隣に座った人は、大阪からだとゆうてはったし。

「文荷」宗彦VS千五郎コンビ面白かった。ばかばかしいほどの面白さ(^^)

オリエント急行殺人事件@映画

面白かった。アガサ・クリスティ読んだことがなく、また、映画の原作となっているか、どうかも、わからない。
時間があれば、何かも見ているってな感覚で、映画見てきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.13

国宝展@京都国立博物館

ここんとこ、毎日が日曜日みたいな生活で、国宝展のチケットもってるんですけど、もう少し先に行こうかと思ってました。
で、新聞観たら、松林図、伝頼朝像、牧谿の絵が、13日以降は、入れ替えになるってんで、昨日行ってきました。

入り口まで、300人ほどならんでる。金印をみるには、1時間待ちとか、言われてましたが、入り口まではさっとはいれました。しかし、金印は30分待ち。
金印をあきらめて、他をみてきました。、松林図、伝頼朝像、牧谿、これを主にみてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.08

末法~失われた夢石庵コレクションを求めて~

時間があいたので、国宝展@京都新国立博物館へ寄ろうとしたんですが、展示されている物が半端な数ではない、待ち時間が長い、、、てんで、「末法」@細見美術館へ行ってきました。

最初の案内に「仏教美術をあつめた夢石庵は、まだ、もっと、見たいと妄執の中で亡くなった」ってなことが書いてあって。へぇー、こんなのを身近において、眺めてはったんや」「そういえば、この曼荼羅、みてると、なんか、絵の中にすいこまれそうや」「三鈷杵、この手にもったら、おもたいやろうな、つめたいやろうな」とか、思いながらみてました。

で、出口でわたされたのが、「種明かし」というちらし。夢石庵は、架空の人で、「一人称で語り、評価する」ためにこの名を使った、ってなことが書いてありました。

だまされました!でも、こういうだまされ方すきです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.16

登呂遺跡、芹沢銈介美術館、SPAC等

研究会が熱海であって、どうせ泊まりだし、静岡まで足をのばし行ってきました。
芹沢銈介美術館で、のれん、着物、帯、等々をみてきました。
小さな男の子が相撲の突き出しのように両手をだしているのれん、右には、「もどるか」左には「ですのか」と書かれたのれん。うーん、こんなのれんを目にしたら、どうしたらいんだろう???とおもしろかった。

で隣の登呂遺跡博物館というか、登呂遺跡の入り口に芹沢銈介美術館があるんですけど。海のそばだったもので、土塁でかさ上げして、遺跡ができていた。10~20人なら夜、寝られそう(??)

で、最後に「病は気から」(原作モリエール、潤色・演出ノゾエ征爾)中高生鑑賞とあった。中高年がみても、おもしろかった。始まる前に片岡佐知子さんの「中世のお話しなので、わらえない」「わらえるようにノゾエさんが潤色してます」ってな解説があって、これは、フランスのモリエール作とはことなっているんだと理解。
舞台上には、客席がしつらえてあって、そこで、芝居がおこなわれる。事前にきいてないと、頭の固いおいらは???のれんぞくだったろうな。

で、帰ってきたら、大津のジャズフェスティバル。友達が、ジャズのボーカルをならっているという先生が、ジャズフェス出演者のすきよりで、セッションをされてるってんで、お店に行ってきました。

ピアノ、ドラム、トランペット、ベースなどを楽しんではりました。二つ、三つの楽器ができるひとがいるんだ。
音楽は、こういうセッションができていいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.07

絹谷幸二転@京都新国立美術館

この間、TVで放映されてたのを観て、京都でも、今、絹谷さんの展覧会やってんだと、行ってきました。
芸大、安居曾太郎賞をうけるまで。それから以後で芸風がかわってる(^^)。

大画面を埋め尽くす絵、朱色の仏像等、たぶん、昔々、日本人が、輸入されてきた金ぴかの仏さんや、朱色の十二将神とか、今は、色がはげて、古色蒼然としてるけど、元の色で彩色したら、絹谷さんの絵のようになるんやろうな、とか、「うぉー」「あー」とか人物がの顔のよこに吹き出しこそないが、叫びのような字が書かれている(え、え、これって、漫画画法??)とか、楽しんできました。

ピカソ、ダリ、マグリットとか、芸風確立してからは、その芸風で、ずっと、いってますもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.05

演劇ワークショップ@地元市民劇団

地元の劇団が、ワークショップを開催。昨年も参加した縁で参加してきました。
今回は、一場面を、何人かで演じるのが、最終目標。

高杉征司さん(俳優)さん指導のもと、演じてきました。

印象的だったのは、舞台の上の人が、場を構成する、ってこと。ひとりでも、場を壊す雰囲気があると、芝居がなりたたない。舞台の相手方を感じながら、自分の演技をする。キャラクターを常識的にかんがえない、怖そうな人が怖そうな台詞をいうのではなく、気の弱そうな人が、怖い台詞をいう、ってのも、想像力の一つで、きめつけない、こととか、実際に演じているグループの後の講評でいわれてたのに納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.04

海北友松展@京都国立博物館

「雲龍図」を見るために行ったのですが、「雲龍図」の迫力凄い。
じつは、京都国立美術館であるとてっきり思って、行き間違えて、しょうがなく開催されたいた「戦後ドイツ・映画ポスター展」を見ました。「羅生門」のポスター(写真じゃなく、イラスト風)とか見られました。

海北友松って、浅井長政の家臣の息子だったんだ、そういえば、京狩野派の狩野三楽も浅井家家臣の息子、もう一人、家臣の息子で、美術関係で有名な人がいたなー??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.15

春画展

細見美術館はじめていったんだけど、ロームシアターとか、京都市立美術館とかの近所でした。
春画、もっと、大きな絵だと思ってたんですけど、A4とか A3サイズの絵がおおかったかな。
若い女性も、結構はいってました。平日にいったんですけど、ならんでる列の肩越しにながめてました。
春画って、一人でたのしむのではなく、何人かでみて楽しむもんだってなことを聞いたけど。そんな雰囲気でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧