2019.09.17

「引越し奉行」「記憶にございません」「人間失格」「おっさんずラブ」

「引っ越し大名」書庫勤務の読書が趣味の若侍が、姫路城から大分、東北へと藩の国替えを仕切る奉行に任命される。経済的面から、国替を描く。一大引越し作業。監督は、犬童一心(昔見た「メゾンドヒミコ」の監督、あれもよかったな)。予告で見た映画「決算!忠臣蔵」もお金の面から見た討ち入り物語となっている。こちらも面白そう。

 「記憶にございません」三谷幸喜監督 今TVで宣伝中。首相(中井貴一)バルコニーから語っているときに、聴衆から石を投げられ、それが額に当たり、それまでの記憶を失ってしまう。嫌われ人格が代わり善人に性格が変わってしまい、それでも、首相を続けてもらわねば困る側近、記憶喪失がバレないように振る舞うように周囲の振り付け。面白かった。(昔、神戸オリエンタルホテルに劇場があり、そこで、三谷さんの主宰する劇団「サンシャインボーイズ」のドラマを見たけど、そのとき初めて西村雅彦さんを見、西村さんが面白かったのを思い出すってかそれしか記憶にない(;;)。

「人間失格」太宰の優柔不断ぶりが面白かった。「斜陽」が、付き合っていた女性の書いたものの盗作であった。心中が、女性と別れるた目の偽装で、太宰は生き残ったとか、志賀直哉、三島由紀夫、坂口安吾などが登場する。編集者との飲み会の場面が多かったかな。

「おっさんずラブ」TVドラマでやってたとき、娘から、「面白いよ」と言われていたが、なぜか。あまり面白くなかった。

最近は「これは経費で落ちません」「やすらぎの刻」を録画して見てますが、面白い。

| | コメント (2)

2019.08.18

映画「ダンスウィズミー」「天気の子」「いのち短し恋せよ乙女」

@「ダンスウィズミー」

いやー面白かった。姪を遊びに連れて行った姪の願い「ダンスがうまくなりたい」と催眠術を受けたのに付き合った主人公。小学生のときダンスを習っていたが、発表会でゲロをはいたという過去を持つ。「音楽がなったら踊りだす」と姪にかけた催眠が、主人公にかかってしまい、音楽がなると、突然踊り出すことになる。催眠を解いてもらうべく催眠術師を探すことになる。催眠術師についていた「サクラ」とともにさまようことになる。会社を休める期間(憧れの男性のいる部署に移動するまでの間)に睡眠術を解かなければならない。ロードムービー。音楽がなると、歌ったり、とこ、踊りだしたりするコント(確かコント55号)は見たことがあるが。この映画はおもしろかっった。旅も、金が無くなったり、ホテルの殺人事件に巻き込まれたり、ってのありで。

@「天気の子」雨の日を一瞬だけ、晴れにできる能力を持った女の子。この女の子の能力を生かして、晴れ女=イベントの一瞬を晴れにすることを商売にし、これをマネージメントをする家出してきた男の子。これがいつまり続くのか、家出の男の子はどうなるか。

@「いのち短し恋せよ乙女」樹木希林さんの生前取られたドイツ映画。キリンさんの出番は、最後の方何分ぐらいだったろうか。

ドイツ男性は、父母は死亡しており、兄姉の中は良くない。男性は東京の銀行に勤務していた過去がある。アル中で子供は妻が引き取っている。子の面会には、よって現れ、面会を拒否されたりしている。この男性が主人公で、男性原理の呪縛からの解放、家族関係の再生ってな物語が進行してゆく。この男性に日本からあいにゆく女性(これがキリンさんの孫)。物語の最後の方に、男性が日本を訪れ、キリンさんの旅館に泊まることになる。最後に、日本から愛にきた女性は、キリンさんの孫で、海で自殺していることが明らかになる。

 

| | コメント (0)

2019.07.30

映画「アルキメデスの大戦」舞台「大悲」

「アルキメデスの大戦」

映画のはじめは、戦艦大和が、米機の攻撃をうけて沈没するところからはじまる。芸者遊びをする菅田将暉と同じ置屋で密談する海軍山本五十六等に場面にうつる。日米戦にそなえて、戦艦の新規造船がはかられていて、将来の会戦について戦艦をどうするか?ってなことをめぐって物語はすすんでゆく。数学ってすごいなーと、数学嫌いのおいらはおもう。

「大悲」池田小学校の生徒を殺害した事件をモデルに、死刑になった被告人、弁護人等をめぐる物語。

久世星佳さんは、弁護人の妻。夫がひきうける弁護に頭書は反対するが、その後は、理解していく妻を演じている。名前で呼び合う夫婦、久世さんがこんなやさしい人をいままで、演じたことあったけ、と、思う程。

| | コメント (0)

2019.06.04

映画「長いお別れ」「パラレルワールド・ラブ」

「長いお別れ」校長を務めた父がぼけ始める。徐々に病が進行してゆく。父山﨑努、母松原智恵子、姉竹内結子、妹蒼井優。

認知にずれが生じたときから、もう、家族のものが分からない状態にいたるまでの何年かが描かれる。父(山﨑努)は、親友中村(だっけ?)のお葬式で、昔の同窓と出会い、「中村は、どうしてる?」って問い、「えっ、中村はしんだのか!!」と叫び、同窓がビックリするまでになっている。
映画のはじめ幼稚園で、回転木馬に乗りたいのに乗れない(大人がついていないと乗せてくれない)少女2人が、遊園地にやってきた認知症が進行した父(山﨑努)に「おじさんは、こまってる子供がいたら力になってくれますか??」と問う。なぜ、こんなシュチュエーションになったか、少女の問いかけのあとどうなったかは、映画の最期の方であかされる。認知症になっても、人の行動は、その人なりに理由のある行動だと分かる。

 

「パラレルワールド・ラブ」互いにすれ違う電車の中で、一瞬目が合う相手に恋をしていた男女。彼女は、彼の大の親友から婚約者として紹介される。彼と親友は、人間の記憶に係わる研究をしている。記憶が書き換えられるーーこれは、大人になってずっと、あのときは、つらかったなって思ってた記憶が、あるとき、あのときは、楽しかったんだって記憶がよみがえることがあるので、改変できるんだと、思う。小学校のころの写真で、目を背けてうつってる写真があって、これは、写ってる仲間がいやなのかなと思っていて、ある日、「あのときは、太陽の光がきつくって」って言われて、あれ、仲間がいやな分けでは無かったんだと、記憶が書き換えられた経験がある。最期に彼と彼女が、すれ違う瞬間、互いが認識できないのだ、と思うと切ないし、彼と彼女は、引かれ会うのだと思うとハッピーエンドなんだ。

| | コメント (0)

2019.05.27

「居眠り磐音」「轢き逃げ」「空母いぶき」

「居眠り磐音」江戸詰めで剣道道場でも一緒の3人。やっと、地元にもどり、藩政に貢献することが期待されているのに。

一人は、もう一人の妹を妻としているが、殺してします(叔父に妻の不倫を吹き込まれ、問答無用に)。もう一人は、妹の仇討を。それを磐根が宇打つ。磐根は出奔。江戸でウナギ割きをなりわいとして、長屋の家主の紹介で、両替屋の用心棒となる。ってな物語ですが、磐根と、仇討で切った友の妹の命運などが切ない。

「轢き逃げ」一人娘を失い酒浸りになる父。娘の日常をおうようになる。そして判明した轢き逃げの真実が発見される。

てっきり舞台は、東京だっけと思ってみてまして、あれ、こんなに海が見えるのだと思ってました。公判で、舞台が神戸だってことがわかって、そういやぁ警察は母校のなんとか会館ににてたなとかとか。

「空母いぶき」見知しらぬ国から攻撃をうける空母。国通しの戦争にならないよう、ぎりぎりの戦闘が行われる。国同士の戦闘は回避される。漫画週刊誌に毎回連載ているかわぐちかいじさん原作。

| | コメント (0)

2019.04.22

映画「多十郎殉愛記」「マローボーン家の家族」

「多十郎殉愛記」邦画 時代劇 殺陣ってな連想して見てきました。後半は、チャンバラのシーンが延々と続く。死闘。うーん満足。

「マローボーン家の家族」古い洋館にイギリスから逃れて住む家族。母と兄妹は、凶悪な父親から逃げている家族。母が死に、兄妹4人で世間と交流を絶って生活している。「鏡をみるな」「21歳になるまで家を出るな」などという掟を守っている。

長男と図書館勤務の娘との交流。電気の点滅(モールス信号)で会話する、兄と幼い弟vs司書との会話。家族と、司書が出会う骸骨のような形をした岩、「our histry」と題された絵物語。予想もしない結末。

近所のジャズ喫茶で、菊池康正さんのライブの前に楽器演奏者の個人レッスンがあるってんで、レッスン風景を見せてもらおうと行ってきました。トランペット、ギター等。もともと、私は、リズム音痴なんですけど、歩いてリズムを取る、足踏み、手、腰でリズムを取る、あーそうすりゃいいんだって、目から鱗。康正さんのアドバイス、一音の始めと最後で、音の大きさを変える、すっと音を落とす、最後は音が出なくて息が出てるだけってのも。

関西は、4月終わりから連休明けまで、高槻、吹田、芦屋、東近江で、ジャズフェステバルをやっていて、予定組まなきゃです。

 

 

 

| | コメント (0)

2019.04.07

「記者たち」「マイ・ブックショップ」「グリーンブック」

「記者たち」イラク戦争を巡って、大量破壊兵器を本当にイラクが持っているのか?これを理由に戦争を始めていいのか?大量破壊行為がないにもかかわらず、戦争の準備が始まって行く。ベトナム戦の二の舞になるんじゃないか?新聞社に記事を提供するジャーナリストが奮闘する。「タイムズ」紙は、大量破壊兵器が存在するとして、戦闘を正当化した記事をかいたことを戦勝終了後、謝罪している。

「マイ・ブックショップ」旧邸を買い取って、本屋を始めた主人公(未亡人)。この旧邸を芸術センターにするつもりであった、資産家夫人が、先を越され、主人公に色々嫌がらせをして、結局は本屋を追い出す。引きこもりの本好きの老人、彼は、夫人に掛け合いに行く。主人公の元で働いていた少女が主人公の志を受け継ぐ。ところどころで、ナレーションが入り、なんか、おしゃれな映画だった。

「グリーンブック」黒人ピアニストと彼に雇われた運転手。気位の高いピアニスト。乱暴で粗野な運転手。グリーンブックは、黒人のみが泊まれるホテルの案内書。黒人は、白人と同じトイレを使用できない、レストランで食事できない。という差別があった時代。黒人を差別していた運転手が、黒人の差別を怒るようになり、ピアニストと彼はうちとけるようになる。「記者たち」もそうだけど、アメリカって、すごいなっ思う。

 

| | コメント (0)

2019.03.31

「マスカレード・ホテル」@映画

なにもすることがないときは、映画をと。歩いて3分の映画館まで。で観たのが「マスカレード・ホテル」

長澤まさみがホテルの受付。木村拓哉が刑事。4つの殺人事件がある暗号で結ばれている、でも、それぞれ、は別々の犯人で、関連性はない。

原作 東野圭吾。キムタクは、いつもキムタクで、そこだけが不満かな(<だったらみるな)なんですけど。

盲目の女性客が出て来るけだけど、松たか子とは気がつかなかった。髪の毛で隠された顔は、樹木希林の若い頃に似てるなーなんて思って観てた(;;)。

自分の部屋がゴミ屋敷みたいになっていて、半日はものの整理で過ごす。ものの位置を変えると、あれって、次はいつものところにあるべきものがない(片付けたのだから当然だけど)で、それをどこにおいたか、探す作業が、、、、、、。

先週は、スマホを買い替えて、ここへアクセスしたかったら、暗証番号は?とか、聞かれる、、、、そんなの覚えてないっしょ(;;)。もう一度、前と同じように使えるようにするのに、四苦八苦してたし。これって、簡単にやってくれたええのになー。

友琵琶湖から海津大崎の桜を、何人かで、琵琶湖から出る船に乗って、眺めるんだけど、と、お誘いを受けたけど、その日は所用ありだった。

ジムで、ジョギイング(てっも時速4km)を先月から始めた。今日を外を走ったら4kmの距離を40分ほどで走れた。ってことは、時速6km。これなら、秋の市民マラソンに出られそう。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

映画

@「運び屋」クリント・イーストウッドがベトナム戦争に従事した退役軍人を演じている。彼が、麻薬の運び屋になり、大金を取得する。この運びを何回となく繰り返す。映画は、淡々と第何回めの運び、と表示される。いつかは捕まるだろうと、思いながらも、見ながら、やはり、ハラハラどきどきする。妻や家族とは疎遠になっている様子や、退役軍人会の仲睦まじい様子が対比的。

@「ROME/ローマ」1970年代のメキシコが舞台。家政婦と雇主の一家の日常が描かれる。家政婦と付き合っていた男性は、家政婦が妊娠すると行方をくらます。男性は、武術を学んでおり、日本の剣道を集団で学んでいる。韓国からの指導者が来るという会話があったので、韓国でも、剣道を学ぶ人がいたのだろうか。雇主の義母が、家政婦にベービーベッドを買うために店を訪れた際、外はデモ隊vs警察。突如デモ隊に襲いかかる団体の中に男性がいて、二人は一瞬の対面をする。このとき、家政婦は破水し、病院に運ばれる。雇主は離婚することになり、雇主の子供と母、家政婦で旅行し、海辺で、子らが溺れそうになるのを家政婦が助ける。と、いう日常を淡々と描いている。つい昔の邦画の趣がある。

@「天国でまた会おう」原作の小説は読んでいるんだけど、ストーリーは、あやふやになっている。でも、あれ、ここは、映画とは違うよな、って感じるところがあり、小説を読み直した。舞台は、第一次世界大戦とその後。どちらも面白っかったなー。「天国でまた会おう」は三部作で、これが第一部。本屋で第二部が出てるので、購入。これも文庫本(上)(下)と2巻ある。どちらも、「天国」の主人公の姉が第二部の主役。どちらも、大規模な詐欺が心地いい。

| | コメント (0)

2019.01.19

2019.1.19 備忘録

@「源氏物語」(語り 紺野美沙子)
  中井智弥(二十五絃箏)、相川 瞳(パーカッション)
  二人の演奏があって、25弦で奏でる事、とパーカッション、これが面白かった。
  語りは、現代語訳でのもので、文語体で聞いてみたい。
@「有頂天団地」
  渡辺えり、キムラ緑子、久世星加、笹野高史他
  笑いっぱなしの舞台でした。開演時間と、開場時間を勝手に間違えて焦りました。
  緑子さんとえりさんのあれは、絶対にアドリブで繋いだなってなとこもあったけど本当はどうなんでしょうね。
@映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」
  吉田羊さん出てるってんで、みて来ました。映画館では2回上演してるんで、7時20分の回を見ようとしたら、昨 
  日から朝9時20分からの一回上演になってた。今日の朝いて来ました。うーん、主人公の語りが状況説明の入  
  る映画でドラマ感がなかったかな?
@「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」
  脚本にトム・スットパード(舞台アルカディア、 コースト・オブ・ユートピア、等の台本を書いてます)。
  オランダの富豪と結婚した孤児院出身の女性の物語、オランダの17世紀のチューリップ・バブル時代のアムステ
  ルダムが舞台。富豪カップル、メイドのカップルの「妊娠とりかえばや」物語。ハラハラドキドキしてみてました。 
  チュリップの球根は、修道院で、作ってました。修道院の孤児院では、結婚の相手も斡旋してたんだ。
  この時代のイギリス、オランダを舞台にした映画でみると、ついつい、日本の時代と比べてしまう。日本の方が環
  境は清潔な気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧