2018.06.03

ローズの秘密の頁、万引き家族@映画

@「ローズの秘密の頁」
精神病院にずっと閉じこめられている老婦人、その精神病院がホテルになるので、移住を強制される。
その老婦人の鑑定が求められる、それも、二日以内に。精神科医、看護婦がチームを組んで老婦人の鑑定をはじめる。老婦人は、電気ショックにかけられており、その後、記憶を忘れないために聖書に過去のことを書き込んでいる。
偏執狂的な神父に付きまとわれ、恋人を殺されてしまう。その後ずっと、精神病院に閉じ込められ、子を産むが、記録では我が子を殺したことになっている。老婦人のことをどこまで信じていいか、神父が語っていたことは??
最後に明かされる真実がすごい!!
記憶の保持ってすごいことなんだ、自分ってのは、結局、記憶の集積ではないのか。
ラスト近くに衝撃を受けました。

@「万引き家族」先行上映見てきました。
樹木希林のおばーさん、安藤サクラの母、リリーフランキーの父、おばーさんの孫、万引きを教えられた息子、母の虐待に耐えていた娘。これらは、全部、血が繋がっていない。
息子が捕まったことによって明らかになる。少年、少女役をやった子、うまかったな〜。
息子@実は、父、母に誘拐されている。万引きが状態であると、信じこまされていたのが、その呪縛から解かれてゆく。
スーパーの万引きでは、父から「置かれているも商品は、誰のものでもない」と教えられていたのに、父は、自動車の窓を壊して中のものを撮る。ここから父への不信が出る。
母からの暴力に耐えていた少女は、最初、自己に加えられた傷を、自分がいけなかったため、母から加えられたもので、母は悪くないと思っていたのが、家族として暮らしている間に、母の理不尽である暴力出あったときずく。
母は、子を産めなかった。最後に、母は、息子を誘拐した状況を伝える。
なんか、呪縛=思い込みから、別の考えを手に入れる子供達に希望を見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.30

女は二度決断する@映画

映画は、獄中での結婚式が始まったと思ったら、子供を連れた女性が夫の事務所へ赴き、子供を預け、友達を迎えに行って、夫の事務所付近での爆破事件。
夫と覚醒剤(って思ってたが、違ってるかも??)の関係での被害者探し、主人公の取り調べ。
女性の目撃証言から、ネオナチの犯行とわかるが、永い裁判が始まる。
犯人と目された男の父親が、息子が爆発物の成分である物を持っていたと通報し、裁判でも、証言する。
証言が終わって裁判所の外でタバコを吸っている父親と女性の会話。
「息子が犯人かもしれないと思っても、通報した?」
「えぇ、、、、、、、、今度、よかったら、私の喫茶店に寄ってください」
ってな会話で見せる父親の苦渋の表情がよっかった。

長い裁判は、「無罪」という判決。

その後、女性がとった行動。
犯人二人のキャンプカーに爆発物を仕掛けるが、爆発のボタンを押す前に、小鳥がキャンプカーに止まっているのを見て、爆発物を取り戻す。ロシア革命前の小説にもこんな場面があったなー(蒼い馬だっけ?「青ざめた馬」だった。)
その後、弁護士から判決の不服申し立てが明日が期限だから、事務所で会おう、と。
その後が、、、、、、、、、すごかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.01

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」「トレイン・ミッション」

「ペンタゴン」は、ベトナム戦争に関わる秘密文書をニューヨーク・タイムが、発表し、記事差し止めを食らう。続いて、同じく秘密文書の提供を受けたワシントン・ポストも、記事にする。

政府の秘密文書を盗んで、コーピーするとか、差し止めになるかも知れない、大損失を被るかも知れない、秘密文書を記事にするとか、日本では、考えられませんけど(;;)でも、こういうアメリカって、うらやましいな。

「トレイン」も、電車の中で、一人の秘密を握る人物を特定して、荷物を奪って殺せ、という話に乗った保険会社をクビになった元警察官。これができないと、彼の家族は殺される。人物が見つからないときは、暴走する電車ごと海に沈められる。うーーん、こういうストーリの映画は、アメリカしかできないよ、って思ってしまう。

でも、ハラハラ、ドキドキ、列車が暴走するとことか、謎に満ちた人物が解き明かされてゆく、面白い映画でした。

最近、また、TV代わりに映画見る生活が始まってます(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.25

坂道のアポロン

この間見たのが、「ちはやふる」高校の部活の話で、高校の部活物語、ジャズとか、あたりハズレがないよな。と、見に行きました。ところが、高校生が、大人と組んでジャズってな物語だったんですけど、面白かった。

で、映画の末尾で、主人公の初恋の女性が「あっ」と声を出して、終わってしまうんだけど、??
で、原作マンガを立ち読みしようと本屋に寄りましたが、たくさんのマンガで、どこに原作漫画があるか、探せない。

諦めていたら、近所のジャズ喫茶に寄ったら、9巻ある漫画が揃っていた!!この漫画読みにジャズ喫茶に通わねば(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.03.19

ちはやふる

日曜日 3時〜 ってのを見た。映画館、遅れて入ったら、230名ほど入る、スクリーンが、ほぼ満席だった。こんな大人数で、埋まってる映画見るの何年部りだろう。

高校生の部活物映画は、ウォーターボウイズ、上野樹里主演の、ジャズクラブを作る話とか。
ちはやふるの、百人一首のかるたとりも、マイナーやし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.28

「花筐/HANAGATAMI」映画

大林宣彦監督の最後の監督作品かもしれない(って、後も撮ってくださいね)と思ったら、矢も盾もとおらず、見に行ってきました。大阪ステーション・シネマ。
昭和の戦争が始まる直前、直後のお話。旧制高校生3人、女子高生2人、肺病をやむ女子高生、義理の姉。
鈴木清順監督、寺山修司作品のような趣もある。

見れてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.28

「噓を愛する女」「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」

「噓を愛する女」
長澤まさみ見たさに見てきました。高橋一生、吉田鋼太郎、ダイゴなど出演。
キャリアウーマンの女が、5年間、一緒に暮らして、母親に紹介しようとする日、男(一生)は現れない。刑事が男が脳内出血で、倒れたと、連絡が入る。
男の免許証は、偽造されていて、住民票の登録さえない。
探偵(吉田)に頼んで、身元を調べてもらう。
男のパソコンを見つけ、その中に小説が書かれている(原稿用紙700枚ほど)その中に、灯台に夕陽が重なるとロウソクのように見えるって、のが出てくる。
小説には、小さい頃、その灯台の下に、ビー玉とかの宝物を隠した、ってのが出てくる。
探偵の助手(ダイゴ)が、パソコンで、瀬戸内海で、夕陽が、灯台に重なる場所を全て検索して探し出し、女は、探偵と二人で、探し回り、隠し場所を見つけ、それを手掛かりに男の過去を探し、、、、、さぐり当てる。このあたりが切ないかな。

小説の中に「夫婦が男の子と三人で、歩く姿が書かれている」、しかし、、、、、

「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」(米映画)
ハラハラドキドキだけど、えっ、えっ、えーってな感じの映画。史実に基づく映画だと思ったおいらがバカでした(;;)

今の住居に引っ越して、家から歩いて3分くらいのとこに映画館があって、引っ越した頃、TV代わりに映画見てたんだけど。ここしばらくは見たい映画がかかってない、見てないって時期が多かった。
TV見ないので、代わりに見られる映画が、ここんとこ、かかってます(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「愛を綴る女」

女は時々発作を起こし、家族からは厄介しされている。男は、女に心を寄せている、が、女は、男に愛情を持っていない。家族は、女と男を結婚させる。故郷から戦争で逃げてきた男に仕事を与えるという条件で。女は男と、セックスをしないという条件で結婚する。
女は、結石を患っており療養所に入所するが、そこで、腎臓をやむ軍人と出会う。軍人はリヨンの病院に移送される、が、また、療養所に戻ってくる。二人は恋愛関係となる。女は、療養所から自宅に連れ戻るが、軍人とは、一緒になるという約束をしている。自宅に戻ってから、女は、軍人に手紙を書くが、返信はない。
息子(女と軍人の子)は、ピアノコンクールに出場するので、女、男で、パリに向かう。会場に行く途中に、軍人が住んでいたマンションを見つけ、女だけ、住居を訪れると、軍人は、リヨンへ転院した翌日に死んだ、と
告げられる。

二人は、軍人がリヨンから療養所に戻ってからで恋愛関係にあったのに、えっ、えっ、軍人リヨンへ転院した翌日に亡くなっている?????

ここからがえっ、えっの連続で、面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.14

「ヒエロニスム・ボス」「嘘八百」@映画

「ヒエロニスム・ボス」
うーん、絵を前にたくさんの人が絵について述べる。
だんだんと、絵がむすかしいのに、解説がさらに輪をかけて、難しい。
でも、けったいな絵だすもんね。

「嘘八百」
うーん、面白かっただけど。
もっと、面白くならんかったんん??
ってな不満が残る映画。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.22

「ミスター・ガガ」「パッション・フラメンコ」 

@ミスター・ガガ
この前観たLAST WORK ラストワーク@バットシェバ舞踏団の指導者ガガを描く。舞台の前に見るべきでした。、映画では、ガガのダンス団遍歴と、指導の様子等が描かれている。体の力を抜いたり、感情を内にとどめるとかのアドヴァイスが団員になされてる。
舞台を見る前に映画だった。

@パッション・フラメンコ 
フラメンコダンサー・サラ・バラスの率いる劇団の公演、ツアーを描くドキュメンタリー映画。
ちなみに、18歳のサラ・バラスは、日本で、初めての舞台を経験している。
今回の公演も東京を含んでいる。スペイン、メキシコ、パリ等の公演でうつる街並み、劇場と、東京@日本の街並みの差~なんというか、他に比べると人がひしめいていて、暗い~が気になった。
フラメンコの生の舞台、みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧